インプラントとは

インプラント治療とは?

失ってしまった自分の歯の替わりに、人工の歯根を顎の骨に埋め込み、その上に人工の歯を作製して噛み合わせを回復する治療法です。 天然歯のように顎の骨に固定するので、ガタついたりせず、自分の歯のように違和感なく噛めるようになります。

虫歯や歯周病、事故などで歯を失ってしまう危険性は誰にでもあります。
不幸にも自分の歯を欠損してしまった場合、入れ歯かブリッジによる治療が一般的なものとされてきましたが、近年では「インプラント治療」を選ばれる方が増えています。

インプラント治療のメリット
  • ・噛む力は天然歯の約80%回復することが出来るので、固いものを噛むことが出来るようになる。
  • ・ブリッジなどと異なり隣の歯を削る必要がない。
  • ・見た目が自然で美しい。
  • ・耐久性に優れ、半永久的に使える(定期メンテナンスが必要)
  • ・味覚が低下せず固いものも噛めるため、食事を楽しめる。
  • ・口の中の不快感がない。
インプラント治療のデメリット
  • ・インプラントを顎の骨に埋めこむ手術が必要。
  • ・全身の疾患がある場合には治療ができない場合がある。
  • ・インプラントを維持するためには十分な口腔衛生の管理と定期的な検診が必要である。
  • ・保険外診療となり、手術の難易度、埋入本数等により必要な費用が変わってくる。

インプラント無料相談会実施中! 0120-27-1184

ページTOPへ戻る

インプラントと入れ歯の違い

天然の健康な歯が硬い食べ物でも思いっきり噛めるのは、歯の土台が強固だからです。歯がぐらぐらしている状態では噛む力が弱まるのは、容易に想像できることでしょう。
入れ歯やブリッジで噛む力が衰えるのも同じ理由からです。
入れ歯やブリッジによって回復できる機能は歯冠(歯肉から上に出ている部分)だけです。歯根(歯肉の中で骨に埋まっている部分)の機能を取り戻す治療ではないので、依然として歯の土台は脆弱なままです。
とりわけ総入れ歯の場合は、深刻です。
天然歯であれば、通常1本の奥歯の噛む力は最大約60〜80sと言われています。しかし総入れ歯の場合、いくら有能な歯科技工士がつくった入れ歯でさえ、最大20sで噛み締めることができれば十分だとされています。
つまり、総入れ歯では硬いものは、ほとんど噛むことができないのです。

時々、ムリを承知で強引に力を入れて噛もうとするとされる方がいますが、これは効果がないばかりか、とても危険です。歯肉の損傷を引き起こすほか、次第に痛みも激しくなります。
ましてや歯肉に深い傷ができ、慢性の刺激が加えられると、癌化する可能性もあるのです。
その点、入れ歯などとは違い、人工歯根を骨に埋め込むインプラント治療は、歯の根っこの部分まで治療するために、天然歯と同じようにしっかりと噛むことができるわけです。もちろん、歯肉の損傷の危険性もありません。

インプラント無料相談会実施中! 0120-27-1184

ページTOPへ戻る

インプラント無料相談

三鷹インプラントセンターでは個別相談スタイルで説明会を行っています。ひとりで悩んだりせず、一歩踏み出してみませんか?

インプラント無料相談

三鷹インプラントセンターについて

現地で開業して20年、日本で一番激戦区と言われている武蔵野市で1万4千人を超える患者さんを治療して来た信頼と実績のクリニックです。

三鷹インプラントセンター

お問い合わせはこちらから

  • インプラント情報センター
  • 三鷹審美歯科センター
  • インプラント資料請求